ブログ

生理痛で病院へ行く前に

この数年、サロンのお客様でピルを飲んでいる方がとても増えてきました。

飲み始めのきっかけを聞くと、生理痛が酷く病院へ行ったら処方され、そのまま、何年も毎月飲み続けているそうです。

中には高校生から15年以上も診察も受けず、薬だけ毎月、病院で貰っている方もおられます。

病院が処方するから間違いないと信じ、薬を止めるとまた辛い生理痛に悩まされるからと、生理痛が起こるかどうかわからないのに、飲み続けていると仰います。
また、鎮痛剤をサプリメントのように、気軽に服用されている方も多く、とても心配な状況
鎮痛剤は、血流を悪くし、体温も下げるので、さらに生理痛が悪化する悪循環になるのですが
女性にしかわからない辛い症状が生理痛ですが、
彼女が生理中は夜中に激痛で歩けないほど苦しみ、鎮痛剤を取りに行くのが僕の役目で、とても心配になります。
僕の彼女は生理痛を和らげるために
何年もピルを飲んでますよ
この数日、取引先の営業の男性も女性の生理痛について話しをするほど、悩んでる人が多いのだと思います。
生理痛の原因は色々ですが、下腹部の血行不良で酷くなることもあります。
薬を飲む前に、
生理の一週間前から動物性タンパク質や脂肪、小麦、砂糖を控えて
体をしっかり温める入浴をしてみてください
生理中はカイロなどをお腹に貼るのもおすすめ
もちろん、よもぎ蒸しが一番おススメです✨✨
サロンのお客様は、よもぎ蒸しをすると生理痛がとても楽になるとみなさん仰います^_^
よもぎ蒸しは、下腹部を直接温めることで、子宮やその周りの血行を良くします。そして、よもぎの香り成分が女性ホルモンを整えます
生理痛でお悩みの方は、ぜひ試して欲しいです

2017年10月28日

ブログ一覧へ戻る

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ