top of page
検索

靴下を履くと寝れない!?足が冷えて眠れない方必見!

足が冷えて眠れない経験は、皆さんきっとあると思います。

足の冷えが気になって、足を温めるために靴下を履いて寝ている冷え性の方。

かえって睡眠の妨げになってしまうことは、ご存知でしたか?

実は、靴下を履くことで、質の良い睡眠が取れなくなってしまいます。

では足が冷えて眠れない時は、どうすればよいのでしょうか。


\良い睡眠には体温が関係している、そのメガニズムについてご説明いたします。/


体温は1日の間に、一度程度上下しています。

朝目覚める直前は一番体温が低く、

目覚めると徐々に上がっていき、そして夕方最も体温が高くなります。

それから徐々に体温は下がり続けて眠りにつくんですね。

人が眠りにつきやすいのは体温が下がり始めた時なのです。


眠たくなった子どもの手が温かくなるのは、

体温がピークに達した後に、手足の血管を開いて、

熱を外に逃がして、体温を下げ始めたというサインなんですね。

赤ちゃんを抱いている時に、手足が熱くなると、

そろそろ眠くなってきたのね。とわかりますよね。


体の熱は頭や手足などの、体の末端から逃げていきます。

眠るときに手足が冷えていると、

血管が縮んで、熱を運ぶ血液が流れにくくなります。

そうなると熱を逃がすことができません。

そのために寝つきが悪くなるのですね。


では具体的に、

\冷え性や体温が低めの方がよく眠るためのお勧めの方法をお伝えします。/


眠気が起こった時や、睡眠中の体温調整で体内から熱を逃すのは、

体の末端である顔や頭、手足でしたね。

つまり、冷えてもいない足を単に保温するということは、

かえって睡眠を阻害する結果となってしまいます。

特に冷え性の方は、足の冷えを感じているので、寝つきが悪く眠れない方も多いですよね。


そこで足が冷えて寝つきが悪い方にオススメなのはレッグウォーマーです。

その理由は、足の裏から熱が逃げやすいからです。

手足は睡眠中の体温を調整してくれています。

レッグウォーマーを使うことによって、足首とふくらはぎを温めることができます。

そうすることによって、足の冷えを取って、足先へ体温を運ぶ血液の循環を良くし

体温が逃げる足の裏を開けておくことができるので、

体温調整ができて良い睡眠がとれるからなのです。


因みに、頭寒足熱という言葉がありますが、

夏の熱帯夜の時期などは頭を冷やして眠ると気持ちが良いので

そのようになさっている方もいらっしゃるかと思いますが

頭寒は正確にいうと、頭は熱を持たせてはいけない。という意味なんです。


なので、頭部は通気を良くして、

熱がこもらせないような枕などで工夫することがおすすめです。


頭は、血管や毛細血管などの神経が密集しているところだけに、

長時間冷やすということは、様々なトラブルを起こすことになりかねません。


頭寒足熱と言われた時代は、氷などが無かった時代です。

発熱であっても、冷水で頭を冷やした。そんな時代です。


昔でいう頭寒というのは、その程度のレベルの冷やし方であったということは

どこか頭の隅に入れておいていただいて、頭の冷やし過ぎには注意していただきたいなと思います。





また、寒い季節は足だけではなく、首を温めるのもおすすめです。


首の周りにもたくさんの血管が集まっていて、脊髄の通り道でもあります。

ここを冷やすことによって、

肩こりにつながるだけではなく、

重大な病気を引き起こすということにもなりかねません。


就寝中の肌寒い室内では、布団から出ているのは頭の部分だけですよね。

この頭の部分だけが、冷気にさらされている状態になりますので、

首のまわりをタオルでくるむこともおすすめです。

就寝用の襟巻きや帽子なども市販されていますので、これらをうまく活用することも良いと思います。


【まとめ】

良い睡眠のためには、眠るタイミングの体温が下がるようにするということ。

そのためには、体の末端から熱は逃げていきますので、逃げやすくするということが大事です。

よって靴下は、足から熱を逃がす妨げるので

質の良い睡眠のためには レッグウオーマーを使ってください!ということでした♪


よもぎ温熱セラピー協会が推奨しているyomoginaブランドでは

保温力に優れた特殊な繊維でつくられたレッグウォーマーもございます。

日常使いにもよもぎ蒸し中にも使っていただけますので是非ご活用くださいませ。



 

参考Youtube

「靴下を履くと眠れない!?足が冷えて眠れない方必見」





Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page