検索

毎月の生理痛苦しんでいませんか?

“痛いときは、鎮痛剤を飲んでいる”という方は、大変多いですよね。

生理痛は耐えるしかない、と思っていませんか?


実は!

 膣を温めて、血流を良くすることによって、

 痛みは予防・改善できるんです! 

生理痛・子宮筋腫・卵巣嚢腫・子宮頸がん等の女性疾患も増え続けています。

「これらの臓器の冷え」が原因の一つだとおっしゃる婦人科のドクターもいます。

特に膣は外気の影響をうけるので、冷えやすい場所で冷えると、膣と繋がっている子宮も冷えます。

まずは、膣冷えチェックして、冷えていたら温めましょう。


<あなたもチェック!2つ以上当てはまれば膣冷えの可能性>


✅下腹部・腰・太ももが冷たい

✅平熱が低い

✅下半身むくみやすい

✅生理痛が重い・生理不順

✅便秘がち

✅運動不足・デスクワークが多い


<どうしたら予防できるの?5つの冷え予防>


① 骨盤底筋を鍛える

  膣トレグッズ・膣トレ体操などを活用するのも良いでしょう。


② おまた(下半身)をしっかり温める

  よもぎ蒸し・入浴・おまたカイロ(参考動画下記にあります)


③ ナプキンを変える 

  布ナプキン・マイナスイオンシートの紙ナプキンを使用する。

  タンポンは控えましょう。


④ マッサージ

  会陰と膣をオーガニックオイルなどでマッサージをして血流を良くする。

  おすすめはyomoginaフェミニンオイルです。

⑤ 血流を良くする食材を摂る

 納豆・栗・オクラ・さんま・鮭・うなぎ・黒豆・黒ゴマ・よもぎ・きくらげetc…

 ♥冷えた膣を改善して 

 温かいふっくらとした膣を 

 取り戻しましょう♥ 

 

★YouTube参考動画

「膣冷えが生理痛の原因だった!冷え予防5つ」


「おまたカイロの作り方」#Shorts動画

https://youtube.com/shorts/QcSeKEDBRTw?feature=share

 

今回紹介しましたフェミニンオイルや布ナプキンなど、よもぎ温熱セラピー協会で取り扱いの商品は、全国の認定サロンでお求めになれます。