検索

更年期の症状は知ることで緩和できる!

すべての女性に訪れる更年期ですが、向き合い方や知識によって症状が違ってくることをご存じですか?

更年期とは個人差はありますが、閉経を挟んだ前後約10年間のことを指します。

日本女性は一般的には45~55歳が更年期といわれる時期になります。



更年期は誰にでも訪れますが、更年期症状は人それぞれです。

今日は更年期を軽くするために気を付けることをご紹介します。


症状は寝込むほど重い人もいれば、ほとんど自覚がなく軽い人もいますので、ご自身の更年期症状に上手に付き合っていくことが更年期を元気に乗り切るには大切です。


【更年期の不調っていったい何が原因なの?】


更年期の不調は、女性ホルモンであるエストロゲンが減少したり、バランスが崩れたりするために引き起こされます。


主な更年期症状は、のぼせ、イライラ、怒りっぽい、情緒不安定、冷え、重だるさ、頭痛、動悸、ホットフラッシュ、むくみ、めまい、耳鳴り、肩こり、腰痛、手指のこわばり、乾燥、ドライアイ、便秘や下痢、足浴不振、尿失禁、薄毛や抜け毛、性交痛など不快な症状が多くあげられます。

中でも、早期に出現するのがホットフラッシュで、突然顔と頭にだけ滝のように汗が出て困るというお話をよく耳にします。

その後に疲労感やうつ、不眠などの症状が出現する方もいます。


【症状の重さや軽さは、卵巣の働きがカギ】

卵巣の老化によりエストロゲンの分泌が低下し、更年期症状が現れます。

卵巣の老化は自然現象なので完全に食い止める事はできませんが、お肌のお手入れ同様老化を遅らせることは不可能ではありません。

卵巣が元気に活動を続ければ女性ホルモンが定期的に分泌されて若さを維持し、更年期の不快な症状を防ぐことができます。


卵巣を元気にするには、血液の循環を良くすることが大切です。


血液の巡りが良いと、卵巣へしっかり血液が届き、酸素や栄養、ホルモンなどが運ばれて卵巣も元気に活動して女性ホルモンを規則正しく分泌し、更年期の症状を遅らせることはもちろん、アンチエイジング効果も期待できます。

逆に、冷え性などで血行が悪くなると卵巣に十分な栄養が届かず若くても更年期のような症状が出てしまうケースもあります。


そこで血流をよくするためにまずやる事は、大きく2つ

①体を温める事!

②良い血液を作る事!


更年期のホットフラッシュでもしっかり体を温めることができるのが、よもぎ蒸しです。

よもぎ蒸しは女性のデリケートな部分を直接温めるので、更年期の方にもお勧めです。


そして、血流をよくするためには良い血液が必要です。

良い血液を作るには、バランスの良い食生活を心がけることです。


ホルモンを整えるためには、ビタミン、ミネラル、そしてタンパク質をしっかり摂取し、腸内環境と自律神経のバランスが乱れやすくなるため、しっかり噛んで楽しい食卓にして下さい。


よもぎ蒸しで「更年期の症状が軽くなった。」体験談も多くあります。

更年期を自分らしく生き生きと元気に過ごすためにも、卵巣を元気にする生活習慣を身につけて更年期の不快な症状を跳ね返して行きましょう。


ゆらぎの更年期ですが、明るく前向きに目標を持っていろんな事にチャレンジしてください!