top of page
検索

子宮がん検診が出来ないってどういうこと?フェムテックとは?

「膣ケアで女性の幸福感を手に入れる!」


数年前まで新聞に「膣」の漢字が記載できなかったそうですが

時代は変わり、今、「フェムテック」という言葉が注目されています。


これはとても良いことだと思います。

なぜなら、フェムテック・膣ケアは女性にとってはお顔のケアと同じか、

お顔のケア以上に大切なことなのです。


膣もケアを怠ると、お肌同様に乾燥し委縮してしまい、劣化していきます。

膣が劣化するとどんなトラブルが起きるのでしょうか・・・。


 

とある友人のお話です。

子宮頸がん検診を受けに病院へ行ったとき、なんと検査をするための器具が、

膣が委縮していたので入らなかったそうです。

結果、病院ではチェックできず、がんセンターへ行って検査の為だけに膣を切開したのです!

 

膣の萎縮には様々な原因が考えられますが

更年期になると女性ホルモンが減少しますし、潤い不足にもなります。


肌も乾燥すると、しわしわになって縮んだような見た目になりますね。

それは肌だけでなく、膣も同じなのです。


手や顔は普段から目につきやすいですが、膣は意識しないと自分では気づかない場所。


ですが、委縮し乾燥した膣も、ケアすることで改善できますが

何事も予防が一番!!


そうならないように、普段のお手入れが大切です。


実は、閉経後だけでなく、20代の女性も膣が乾燥しているケースが多くあります。

乾燥のせいでパートナーとの行為が痛み、子どもができにくい原因にもなっています。


顔は洗顔ソープを使うのに、髪はシャンプーで洗うのに…

「デリケートゾーン」というくらい、「繊細な膣」はボディソープで良いのでしょうか。


顔や髪のケアはするのに、膣のケアはしないなんておかしいと思いませんか?



そんなお話も含めて、すべての女性に向けた

「女性」に必要な知識について

4月15日(土)大勉強会@京都でお話します!


まだお申込みは間に合います。

当日ご参加できない方へもZOOM配信があり、アーカイブ付です。


同じ悩みを持つ女性はたくさんいます。

恥ずかしいと一人で悩まず、明るくお話しませんか?


まだまだ認識が浅いフェムケアについて、一緒に学びましょう。


デリケートゾーンのケアにも使えるよもぎソープは

4月13日(木)までキャンペーン中です!


2個購入いただくと、フローラルウォーターミニをプレゼントします。


5個購入いただくと、フェミニンオイルをプレゼントします。

フェミニンオイルは、デリケートゾーンに使っていただける商品ですので

これを機会にフェムケアを取り入れてみてくださいませ。♡





よもぎ蒸しは全国の認定サロンへ⇩






ー参考YouTubeー


「子宮がん検診が出来ないってどういうこと?フェムテックとは?」




「ちつのトリセツ著者 原田純さんと対談」



「大人気のソープ、美肌洗顔方法」




「yomoginaフェミニンオイル説明」




Kommentare


記事: Blog2_Post
bottom of page